検索
  • joyst@teachers

火の玉ストレート。

学習塾ジョイスタの池田です。


先日私の大好きなプロ野球選手が引退しました。

阪神タイガースの藤川球児投手です。

いわゆる松坂世代の1人である藤川投手は入団後数年は芽が出ず平凡な選手の1人で、

僕も球児という名前しか印象に残っていませんでした。

実際、何度も挫折を繰り返し、戦力外の一歩手前まで行ったのだとか。


その彼が自分に磨きをかけ手にしたのが「火の玉ストレート」

ストレートを狙っていても打者の空を切る。

手元に来ても球速が落ちず、ソフトボールのライジングボールのような浮き上がる直球。

全盛期でも球速は150キロ半ば。

もちろん速い方ではあるのですが大谷翔平などもっと速い投手はいます。

ところが藤川投手がボールのリリース時にボールに与える逆回転の回転数は

他の投手とはけた違いで、その回転による揚力を受けるため、

ボールは落下せず球速も落ちないのだ、と数年前に観た番組で特集していました。

オールスター戦で、西武の主砲カブレラに対して全球ストレートの握りを

見せた上での直球と強振の名勝負は、未だに目に焼き付いています。


阪神の守護神として優勝の立役者になるなど活躍した後、メジャーに挑戦したり、

独立リーグに戻って地元高知を盛り上げたり、また阪神に復帰して活躍を見せたり。

藤川投手の挑戦はどれも順風満帆などではなく、

挫折の中でも歯を食いしばって「粉骨砕身(藤川投手の座右の銘)」努力してつかんだもの。

柔和な笑顔でひたむきに努力する姿が本当に印象的でした。

彼の活躍した場面がここまで心に残るのは

藤川投手の姿勢や生き様みたいなものを感じられたからだと思います。


背番号22番、お疲れ様でした。ありがとう球児。


←池田の机の上にはいつも藤川球児