検索
  • joyst@teachers

よもやよもや、共通テストと感受性と。

お久しぶりです、学習塾ジョイスタの池田です。


随分と更新が滞ってしまいました。

いろいろ言い訳をしても誰得な感じになるので、素直に反省。大反省。

一つだけ言えることは、

決めたことを日々コツコツやれるのってすごい才能なんですね。

継続は力なり。力をつけます。


さて、この期間で本当に目まぐるしく状況が変化しましたね。

二学期の期末試験で満点とった子が二人出て感動してたのは、ずいぶん前。

鬼滅の映画を公開初日に観て、子供たちの前で嗚咽を漏らしそうになった

ので誤魔化そうとしたけどバレバレだったのも、ずいぶん前。


コロナの第三波は私たちの予想をはるかに上回る脅威になってしまいました。

まさに煉獄さんの「よもや、よもや」です。


幸いにしてまだ島根は患者数が少ないとはいえ

学校や会社、病院など密になる状況はいたるところにあるし、

他県が緊急事態宣言したとはいえ物流が必要な以上、

コロナは確実に島根に入っている訳で。

クリスマス会が中止になったり、医学部生が一時バイトできない様になったり、

ジョイスタに通う皆さんにも多くのご不便をおかけしたこと、

本当に申し訳なく思っております。クリスマス会、したかったー!


そしてそんな中、受験シーズンに突入した高校3年生、高卒生の皆様、

初めての共通テスト、本当にお疲れ様でした!

おそらく今年の大学受験生は戦後最も大きな苦難に立ち向かった世代として

称賛されるべき、と個人的には思っています。

さらに中学3年生もいよいよ高校入試が本格化します。

ジョイスタに通う皆さんにとって、コロナ禍の日々を自分の言い訳にせず、

自分のために学び続けていく姿勢がこれからの時代、本当に大切です。

そう。日々、コツコツと。


という訳で最後に、コロナ禍に学ぶ皆さんに(そして自分を含めたすべての人に)

私の大好きな詩、茨城のり子さんの『自分の感受性くらい』を紹介します。

さ、今日もジョイスタで頑張りましょう!